建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

大西康明 展 -呼吸星雲-

大西康明 展 -呼吸星雲-

2005年12月1日(木)〜12月24日(土)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク(終了しています)

12月1日(木) 18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要
大西康明(Onishi Yasuaki)さんの作品は、会場全体を暗闇にして行なうインスタレーションです。それはまるで、洞窟の暗闇の中で、得体の知れない大きな生きものがうずくまっていて、その呼吸に合わせて青い斑点の散らばる胴体がかすかに上下している、そんな光景が出現します。 種明かしをすると、11m×6m×2.4mの会場いっぱいにビニールで出来た巨大袋があり、袋の口からファンで風が送られて呼吸するように膨らんだり萎んだりします。全体に蓄光シールが貼られていて、私達はその微かな煌きによって動きをとるというシンプルなシステムです。
大西康明 展 -呼吸星雲-

会場の様子 ※実際は10分間隔で収縮しています

が、その光景は銀河の大星雲か、深海に潜む巨大な魚が出現したようなリアリティで迫ってきて、私達は暗闇の恐怖と畏怖の中で、見知らぬ生きものの鼓動と同調していくような感覚に包まれます。
大西さんは今年26才になる若手作家です。作品は線や点によるインスタレーションで、切り倒された松の木を輪切りにし、円環状につなぎ合わせ、その表面をある表情に細工した鉄で覆っていく作品や、金属を削る火花の瞬間をとらえた写真などから、最近では光の線や点、紐が呼吸するように動く作品へと変化してきました。光や紐がまるで異なる存在物として表出し、私達の既成概念を打ち壊します。視覚や五感を奪われる刹那に、圧倒的な新体験がやってきます。
大西康明 展 -呼吸星雲-大西康明 展 -呼吸星雲-
大西康明 展 -呼吸星雲-
作家略歴
1979 大阪生まれ
2001 筑波大学芸術専門学群 美術専攻 彫塑コース 卒業
2004 京都市立芸術大学大学院美術研究科 彫刻専攻 修了
■ 個展
2003 闇事/GALLERY b.TOKYO 東京
2004 闇を視る/GALLERY b.TOKYO 東京
restriction sight/neutron B1 GALLERY 京都
2005 restriction sight/under public 大阪
clue in the case/neutron 京都
■ グループ展
2002 「第5回岡本太郎記念現代芸術大賞展/川崎市岡本太郎美術館 神奈川
金属彫刻作家新鋭展-INTERSECTION-/METAL ART MUSEUM HIKARINOTANI 千葉
主張テン/GALLERY ARTISLONG 京都
2003 Artist in Residence at IGA/三重県青山町
群馬青年ビエンナーレ '03/群馬県立近代美術館
ART CAMP/海岸通ギャラリー CASO 大阪
EPSON COLOR IMAGING CONTEST 2003 審査員賞/スパイラルガーデン 東京
公募展「美術誕生」/八王子市夢美術館 東京
2004 とよた美術展'04/豊田市美術館 愛知
0号展/トーキョーワンダーサイト 東京
FASION DRAWING BIENNALE 2004/脇田美術館 長野
Net展 デジタルフォトコンテスト2004 ファインアート部門優秀賞/e-gallery artgene
2005 京都府 美術工芸新鋭選抜展/京都文化博物館 京都
DAFT PUNKism ART EXHIBISION/PANORAMA 大阪
藝術家の線/石田大成社ホール 京都
第5回21世紀アジアデザインコンペ スター賞/京都造形芸術大学 ギャラリーRAKU 京都
天理ビエンナーレ2005/天理教教会本部 おやさとやかた東左第三棟特設会場 奈良

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.