建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

横内賢太郎 展 -滲む筆致 揺れるドローイング-

横内賢太郎 展 -滲む筆致 揺れるドローイング-

2005年9月1日(木)〜9月28日(水)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク(終了しています)

9月1日(木)  18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要
INAXギャラリー
INAXギャラリー
INAXギャラリー
横内賢太郎(Yokouchi Kentaro)さんの作品は水彩のように滲んだタッチが特徴的な油彩です。モチーフは開いた写真集や画集の1ページ。カラフルなマイセンやウエッジウッドのお皿や有田焼の大壺が描かれているようなのですが、開いたページに光が反射している様が薄墨色の影に塗られ、植物文様もゆらゆらとした曲線で、水槽越しに見ているようです。瞬きをした瞬間、ストップモーションで瞳が外部を認識できるとしたら、こういう風景なのではないかと思わせる独特の視覚世界です。
多湿な気候の日本の風景は、水墨画や水彩画といった水分を多く含んだ描写方法で巧に描かれてきました。横内さんは、織物や洋食器といったヨーロッパ文化の感じられるモチーフをその技法で描きながら、色彩が滲み光が跳ね回り、画面にあるものが動いているかのようにとらえています。かつての印象派が得たような感覚が、圧倒的な視覚の容量を増して現代に甦ったようです。
窓から見える空や雲、真っ白なベッドリネン、テーブルの上の切ったばかりのオレンジの滴るような空気感など、私的な日記や日常生活の一瞬を拡大して描くことも、昨今に多いスタイルですが、横内さんの作品は、モチーフに類似点をもちながら、何層もの空間感や遥かという時間感覚、水中や宇宙の重力の中にある作家自身の感覚が描かれています。横内さんの作品からは、万華鏡のようなまばゆさと、瞬時にかたちを変えてしまう風の流れなどの記憶の感触が伝わって来ます。
INAXギャラリー
横内賢太郎 展 -滲む筆致 揺れるドローイング-
INAXギャラリー
横内賢太郎 展 -滲む筆致 揺れるドローイング-INAXギャラリー 横内賢太郎 展 -滲む筆致 揺れるドローイング-
INAXギャラリー
INAXギャラリー
作家略歴
1979 千葉県生まれ
2002 武蔵野美術大学 造形学部油絵科 卒業
2004 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 修了
京都市立芸術大学大学院 博士(後期)課程油画領域 入学 現在 在学中
■ 個展
2003 Studio J(大阪)
■ グループ展
2002 Vector 12 (CASO/大阪)
2003 ART CAMP (CASO/大阪)One Cup Cosmos (Cafe'y Galeria 風華/愛知)
2003年 Fuzzy Fiction Fragments (同時代ギャラリー/京都)
2004 新言語 vol.2 (YEBISU ART LABO Gallery/名古屋)
黄色の庭 弐 (mori yu gallery/京都)

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.