建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -

中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -

2005年3月1日(火)〜3月29日(火)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク(終了しています)

3月1日(火) 18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要
中西信洋(Nakanishi Nobuhiro)さんは29才の若手作家で、これまで関西を中心に発表をしてきました。作品のほとんどはインスタレーションで、毎回別人のような多様さを見せます。いずれも鮮烈で完成度の高い作品です。
高さ210cm四方の紙でつくった立方体を蟻の巣のように刳り貫いたもの。高さ200cmの土による楕円や起き上がりこぼしのような円柱による空間構成。「Stripe drawing」は平面作品で、段差や影、反復をモチーフに灰色の線だけで描かれたロールシャッハ・テストのように見えます。「水玉の空洞」は、ガラスやサンドグラスのような透明樹脂の、孔の開いた楕円をいくつも組み合わせ、理科室の実験道具が集積したような清澄で凛とした佇まいがあります。「空白の庭」という作品では、会場の壁におびただしいパルプを貼り付け、様々なかたちの粘土状の染みに覆われたギャラリーは、まるでエイリアンの襲撃を受けた宇宙船の内部のように侵されて衝撃的です。
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西さんは、ごく普通なかたち、何者でもないかたち、日常的なかたちを使うことによって、ものの意味を取り去り、自由に行き来のできる、境界の曖昧な世界を表現しています。ちょうど、映画のマトリックスやターミーネーターのような、物質や感情を自由に出たり入ったりする感覚に似ています。中西さんは、素材を変え、技法を変え、あらゆるものに疾走してつかみとろうとしているかのようです。
今展では35ミリのポジフィルムに、透明な背景で時間をずらして写し取った針金やお茶の葉、ワゴムや胡椒やアイスクリームや焼跡を、それぞれ24枚ずつ重ねたものを3×3の等間隔で整列させて、9台のライトテーブルに乗せてご覧頂きます。また同時に平面作品も展示致します。満ち溢れてくるなにかの気配や、粒子のような物質感を、小さな井戸のような立方体を覗いてご覧いただきます。
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
中西信洋 展 - 満ち溢れているもの -
作家略歴
1976 福岡県生まれ
1999 東京造形大学彫刻科卒業
2001 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻
■ 個展
2000 SAIギャラリーwall/大阪
2001 ギャラリーwks./大阪 ギャラリーそわか/京都
2003 空洞と空白 ノマルエディション/大阪
2004 Suppliment ギャラリーそわか/京都
2004 「Lull」LA GALERIE DES NAKAMURA(東京)
■ グループ展
2000 WoolinWooliwate 小岩井牧場/岩手
First throw Y.A.I.gallery waiss raum/京都
Boomerang Art Project in kyoto  京都芸術センター/京都
FEED BACK oneday gallery project ギャラリーそわか/京都
EGO berry  名古屋芸術大学/愛知
2001 Boomerang Art Project in Bremen GAK/ドイツ・ブレーメン
身振りの偏在 Oギャラリーeyes/大阪
美術館の夏休み みんなで作る展覧会 豊科近代美術館/長野
Drawings 2001/part1 ギャラリーそわか/京都
神戸アートアニュアル2001 神戸アートヴィレッジセンター/兵庫
2002 Drawings 2002 ギャラリーそわか/京都
2003 trans- 京都芸術センター/京都
ArtCourtFrontier2003 ArtCourtGallery/大阪
ドローイングと・・・ SAIギャラリー/大阪
2004 multiples  ノマルエディション/大阪

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.