建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

吉村敏治展 -陶変異体-

吉村敏治展 -陶変異体-

2006年5月1日(月)〜5月29日(月)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク(終了しています)

5月29日(月)18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要
吉村敏治(Yoshimura Toshiharu)さんの作品は陶や金属立体によるインスタレーションです。歯車、ロープ、プロペラ、バイオリン、釣鐘、天秤、白い手のかたちなどを、ちょっと謎めかして構成し、濃密で独特な雰囲気の迫力ある空間をつくり出します。 重厚な金属や古い木材、大理石の質感がリアルに表現されていますが、金属だと思ったものが陶であったり、陶だと思ったものが既成の工業製品の一部であったりと、その境界は曖昧です。それは吉村さんの素材への逆説的な問いかけからきています。
吉村さんは未だ30代の若手作家ですが、大学で初めて陶という素材に出会い、そこに好きだった絵画やデザインの要素を加えて、陶板に絵を転写したり、工業製品の一部を付けたりして、現在のスタイルになりました。例えば、石や金属のイメージを持って土に触り始めても、そのイメージに似せてつくるのでなく、土の特徴を活かした石や金属になるのだと話します。石なのか土なのか、ひとめで答えがわかりそうなものはつくりださない吉村さんは、へそ曲がり屋さんのようですが、先入観や固定観念にとらわれないスタンスを大切にしています。ピエロ・デラ・フランチエスカやバルテュスをトレースした時期もあったというように、古い屋敷や蔵の扉を開けた瞬間に薫るような、古びた表情や懐かしいかたちが持つ妖しい魅力のある作品です。これまで京都を中心に選抜展などで受賞してきました。今展が吉村さんの2回目の東京での発表となります。
吉村敏治展 -陶変異体-

「訪問者」(陶)

吉村敏治展 -陶変異体-

「光のさす場所」(陶)

吉村敏治展 -陶変異体-
吉村敏治展 -陶変異体-
作家略歴
1973 大阪府生まれ
1996 京都精華大学美術学部造形学科卒業
1998 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
■ 主な展覧会
1997 ギャラリーマロニエ・京都
2001 "新しい陶造形の世界" ギャルリー正觀堂・京都('03)
2002 Studio J・大阪('04)、EN陶REZ・神戸('05)
2003 "土の思考 目のレッスン" INAXガレリア セラミカ・東京 新宿
2004 Gallery Esprit Nouveau・岡山
2005 やきもの新感覚シリーズ58th吉村敏治展 INAX世界のタイル博物館・常滑
2006 ギャルリー田澤・京都
■ 主な展覧会
1996 陶芸6人展(ギャラリーマロニエ・京都)
1998 16人の基展 (ギャラリーぶらんしゅ・池田)
1999 イメージの新様態?[土](ギャラリーすずき・京都)
2000 京都美術工芸展(京都府文化博物館)
日本現代陶彫展(土岐市)
2001 天理ビエンナーレ<道友社賞>(天理市)
世界工芸コンペティション・金沢
2002 京都府美術工芸新鋭選抜展〜新しい波〜(京都文化博物館)
朝日陶芸展(日本各地巡回)
CONTACT 日韓若手陶芸家交流展(滋賀県立近代美術館・信楽伝統産業会館)
2003 Art Court Frontier 2003 (アートコートギャラリー・大阪)
2004 ガレリアセラミカの11人展(INAX世界のタイル博物館・常滑)
DELICACY (Gallery Esprit Nouveau・岡山)
器・小さなオブジェ・道具展(INAXガレリアセラミカ・東京 新宿)
やきもの新感覚シリーズ ガレリアセラミカの11人展(INAX世界のタイル博物館・常滑市)
2005 ACFC−アートコート フロンティア コレクション (アートコートギャラリー・大阪)
小さな宇宙展 vol.2(市之倉さかづき美術館・岐阜)
けいはんな造形・芸術祭まちのかたち展<大賞>(けいはんなプラザ・京都府)
2006 ハコ展 (市之倉さかづき美術館・岐阜)
三人-陶-三様(祇をん小西・京都)

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.