建築・美術展 GALLERY 2




展覧会案内

甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-

甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-

2006年3月1日(水)〜3月29日(水)

■ 休館日
日祝日
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料

アーティスト・トーク(終了しています)

2006年3月1日(水) 18:00〜19:00

アートニュース



展示会概要

甲斐すみ子(Kai Sumiko)さんの作品は生花でつくった靴を撮影した写真です。今展ではみずみずしく咲き誇ったミモザや桜、マロニエ、たんぽぽ、アカシア、あじさいなどでつくられた靴と、やがて自然に枯れた時の姿との組写真数十点を展示します。また、季節のレンギョウなどでできた実際の靴も数点展示します。
制作方法はまず、針金と藁で自分の足型をとり、そこに季節ごとに咲く野の花や木々の花々を摘み、靴のかたちを制作します。できたての姿と自然に枯れた時の姿の2回撮影します。生まれたばかりの花の靴の写真は、もぎたてのフルーツのように瑞々しくふっくらとし、色鮮やかで、芳しく匂い立つようです。そして、時が経つに連れて水分が蒸発し、乾燥して縮れ、時には青黒く変色した花の靴の写真が対比されます。
甲斐さんは長い間日本でイラストレーションや木版画の仕事をしてきましたが、1992年にパリに移住し、1997年に初めて花で靴を制作、この8年間に250枚の写真が生まれました。靴、花という二つの言葉が寓意する世界は広いものですが、甲斐さんにとって、靴とは前へ進む時の流れを意味します。一歩を示す一つの靴に一種類の花を使用して、「新しい一歩は咲く花のように新鮮」と語ります。私たちは枯れた花の靴に、一瞬の儚さ、まるで一緒に旅してきた片身のような哀切を憶えると同時に、咲き誇る新しい花に目を奪われずにいられません。パリでは、聖書の言葉を引用して「花がその人の足の下に咲き始めた」と例えられました。作品を見る私たちはそれぞれにどのような「花咲ける足跡を残す」のでしょうか。
甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ- 甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ- 甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-
甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-
甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-
甲斐すみ子 展 -プランツ・シューズ-
作家略歴
1955 大分県生まれ
1982-86 イラストレーター
1986-92 木版画家として本の装丁などを手がける
1992 渡仏
1997 トゥールーズ美術学校D.N.A.P修了
2000 マルセイユ高等美術学校D.N.S.E.P修了
パリにて制作活動を始める
2001 パリ第8大学造形芸術科専士号取得
■ 受賞歴
2002 クリスタル賞 モンルージュ現代美術サロン
■ 個展
2005 OUT of PLACE ハナクツ展 奈良
■ グループ展
2002 パリ日本文化会館 パリ
モンルージュ現代美術サロン モンルージュ
ギャラリー ドラ カーブダール ノルマンディ
シテ インターナショナル デザール パリ
2005 リアリテ ヌーベル パリ
2003 2003 リアリテ ヌーベル パリ
2004 ギャラリー ドラ カーブダール ノルマンディ
シテ インターナショナル デザール パリ

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.