やきもの展 GALLERY3




展覧会案内

下沢敏也展− Re-birth 風化から再生へ − <br>SHIMOZAWA Toshiya

下沢敏也展− Re-birth 風化から再生へ −
SHIMOZAWA Toshiya "Series of Re-birth : From Weathering to Re-birth"

2017年3月16日(木)〜4月24日(月)

■ 場所
LIXILギャラリー
■ 休館日
水曜日、3月23日(木)
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料
アーティスト・トーク
2017年3月16日(木) 18:30〜19:00
申込不要(当日会場にて受付)  ※終了しています

プレスリリースpdf_icon_s.gif※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

SHIMOZAWA Toshiya  
"Series of Re-birth : From Weathering to Re-birth"

16 March - 24 April, 2017
■ Closed
Wednesday, 23 March
■ Open
10:00-18:00
■ Admission
Free

◆Here is more details. (PDF 959KB)
'Series of Re-birth : From Weathering to Re-birth' SHIMOZAWA Toshiya pdf_icon_s.gif
※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

Re-birth 起源 / Re-birth Origin  2016年  H140×45×30cm  Photo:MAEDA Yoshiaki



展示会概要
   LIXILギャラリーでは、2017年3月16日(木)〜4月24日(月)の期間「下沢敏也展 −Re-birth 風化から再生へ−」を開催します。
   下沢敏也氏は北海道の陶芸家の家に生まれ、北海道の原土を使って同地にて制作を行っています。2011年には北海道文化奨励賞を受賞、主な作品は土独特の質感が特徴的な造形作品です。本展では、再生する生命をテーマにした「Re-birth」シリーズから、高さ140pの「Re-birth 起源」と平面作品「Re-birth 痕跡」など5点をご覧いただけます。


見どころ
北海道の原土を生かした生命力あふれる作品
   下沢敏也氏は、北海道札幌市にて陶芸家の故父・下澤土泡氏より陶芸を学びました。その後滋賀県信楽町で研修を行い、北海道に戻り38年間同地で作陶を続けています。しかしながらその活動は北海道に留まらず、東京、関西、韓国、中国、ニューヨークと幅広い地域で発表をしています。また建物に作品を設置するコミッションワークも行っており、2011年には北海道文化奨励賞を受賞しました。
   下沢氏の制作テーマは生命の再生を意味する「Re-birth」で、作品のタイトルにもなっています。北海道の原土の鉄分の多い赤土を精製せずに不純物を含んだまま使用し、大きなひび割れや炎の痕跡も荒々しい、土の質感そのものが生かされたダイナミックな作品です。そのかたちは柱形が主で、最近ではさらに量感が増し、再生の始まりである風化の表情に自然の息吹が強く感じられる迫力のある作品となりました。本展では、高さ140cmの作品や、生の土と焼成した薄い陶板による平面作品など、新作を含んだ5点を展示します。
toshiya.shimozawa_1.jpg
toshiya.shimozawa_2.jpg

2017年3月  ギャラリー3 会場風景  撮影:福森崇広

「下沢敏也展― Re-birth 風化から再生へ ―」に寄せて

   原始、<やきもの>は生命(いのち)あるものを生み出す力を持つ、女性にだけ許された特権であった。それは、大地から土という生命あるものを採って、新たな生命<うつわ>を生み出すことであった。いまからおよそ一万五千年前、縄文土器は北の大地の土によって誕生した。陶芸家・下沢敏也は、その壮大な時間の流れの中から、生命の記憶を探(さぐ)り出そうとしている。彼にとって陶芸とは、土の生命を創造することであり、同時に、北の大地に生きる自分自身を問うことなのかも知れない。

   下沢は1960年、北海道陶芸協会の創設者・下澤土泡(どほう)の次男として生まれた。土泡の作品は、北の大地の大らかさと荒々しさとが融合する力強い作品である。土泡の作品を眺めていると、大地にしっかり根を張り生きる、土泡の壮絶な生き様が伝わってくる。

   下沢は18歳で父に師事し、のち信楽で陶芸の研修をする。彼が走泥社の八木一夫、鈴木治、山田光らの作品と出合い虜になったのは、その頃のことであろう。以後、試行錯誤を繰り返しながら、独学で前衛陶芸的な作品に挑戦する。1997年には、北海道文化財団の海外派遣によりニューヨークでも研修を積んだ。その後、陶を用いて植物や布、あるいは絵画や版画、音楽とのコラボレーションを積極的に展開する。また、2003年からは北海道立体表現展に参加し、陶彫やオブジェといった概念を超えるスケールの大きいインスタレーションを試みている。

   下沢が林立する柱状の立体作品を発表したのは、2009年の北海道立近代美術館で行われたインスタレーションからである。それは、柱状や円形などの極めてシンプルな形態や、原初的かつ塊量性に富んだ力強い造形によって、生命の蘇生や、その往還を象徴する作品である。以後、下沢は一貫してRe-birth「風化から再生へ」をテーマに制作している。

   Re-birthとは<再生>という意味だが、下沢は「風化から再生へ向かう力、見た目はもう既に風化していっている、そんな質感を出来るだけ強調したい」という。風化は終わりではなく、始まりなのである。そのためには、出来るだけ北の大地の土を使い、「制作過程で手をかけ過ぎないことだ」という。手を掛け過ぎると、土を成型した時の表情が崩れてしまうからだ。土という素材と真摯に向き合いながら、朽ち果てていくものから生まれ変わる時間の経過を含めたRe-birth「風化から再生へ」をテーマに、下沢はこれからも挑み続けることであろう。

   今展には、さらに進化した柱状の立体作品と共に、新たに取り組んでいる生の土と薄い焼成した陶板を融合させた平面作品も展示される。


森 孝一(美術評論家・日本陶磁協会常任理事)


作家略歴
1960 北海道札幌市生まれ
1978 父・下澤土泡に師事
1982 信楽町研修
1994 「空間のリズム」(R−BOX/札幌 '98)
1997 ニューヨークParsons School of Design(北海道文化財団芸術家海外研修)
2000 陶展(TEMPORARY SPACE/札幌)
2001 Re-birth シリーズ(ギャラリーマロニエ/京都)
2002 陶展(アクサンギャラリー/大阪 '03 '05)
2003 陶展(ギャラリーにしかわ/京都)
「北海道立体表現展 '03」(北海道立近代美術館/札幌 '06 '08 '10)
2005 Re-birth シリーズ(伊丹市立工芸センター/伊丹)
2008 Re-birth シリーズ(GALLERY門馬&ANNEX/札幌)
2009 札幌文化奨励賞受賞
「A MUSE LAND TOMORROW 2010」(北海道立近代美術館/札幌)
2010 Re-birth シリーズ(茶廊法邑/札幌)
札幌彫刻家招請日韓交流展(韓国)
2011 北海道文化奨励賞受賞
Re-birth シリーズ(札幌芸術の森美術館 中庭)
「folding cosmos」NY展(ニューヨーク・USA)
2012 Re-birth シリーズ(ギャラリーTAO/東京)
「folding cosmos」Bath展(バース・イギリス)
「交差する視点とかたち」Vol.5記念展(札幌芸術の森美術館、北海道立釧路芸術館)
2013 「folding cosmos」Berlin展(ベルリン国立美術館ダーレム/ドイツ)
2014 「Sprouting Garden -萌ゆる森-」(札幌芸術の森美術館)
光州・北海道交流展2014(国立光州博物館/韓国)
北海道・黒龍江省美術交流展(黒龍江省美術館/中国)
2015 「HOPE REPORT」展(朴寿根美術館/韓国)
「地底旅行Science×Art」(苫小牧市美術博物館/苫小牧)
2016 Re-birth シリーズ(ギャラリー創/札幌)
日本陶磁協会「現代陶芸奨励賞」北海道展(札幌芸術の森美術館)

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.