やきもの展 GALLERY3




展覧会案内

滝口和男展−無題から− <br>TAKIGUCHI Kazuo Exhibition

滝口和男展−無題から−
TAKIGUCHI Kazuo Exhibition

2016年5月10日(火)〜6月28日(火)

■ 場所
LIXILギャラリー
■ 休館日
水曜日、5月22日(日)
■ 開館時間
10:00〜18:00
■ 観覧料
無料
アーティスト・トーク
2016年5月10日(火) 18:30〜19:30
申込不要(当日会場にて受付)
※終了しています

プレスリリース pdf_icon_s.gif※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

TAKIGUCHI Kazuo 'From Untitled'
10 May - 28 June 2016
■ Closed
Wednesday, 22 May
■ Open
10:00-18:00
■ Admission
Free

◆Here is more details. (PDF 774KB)
"From Untitled: TAKIGUCHI Kazuo" pdf_icon_s.gif
※ご覧いただくにはAdobe Reader が必要です。

無題  2016年3月  H350xW350xD270mm  撮影:滝口和男
Untitled  March, 2016  H350xW350xD270mm  photo:TAKIGUCHI Kazuo



展示会概要
LIXILギャラリーでは2016年5月10日(火)〜6月28日(火)の期間「滝口和男展 −無題から−」を開催します。 滝口和男氏は、1980年代より張りのある曲線フォルムをもつ抽象作品「無題」を代表作として数々の賞を受賞してきました。そして2000年頃からは「とうげいずかん」や「ものじてん」など言葉をモチーフとした具象物の小品を制作しています。「無題」と「言葉」は対極にあるようでいて、2つは作家の根幹で繋がっています。そして、この春、滝口氏は新しい作品を制作しました。 本展では、2種類の土を練り合わせたマーブル模様の抽象造形作品「無題」(2016)を発表します。新作を含んだ約6点を展示する予定です。


見どころ
枠組みを越える ものづくりの思想
    滝口和男氏は1980年代より代表作「無題」により数々の賞を受賞してきました。「無題」は1枚の土板から板おこし技法によってつくられる張りのある曲線フォルムの抽象作品です。素材としての土ではなく、大地そのものを捉えようとした作家の心象がテーマとなり、タイトルも万象を象徴しています。

    その後、滝口氏は海外での英語を中心とした生活体験の中から、それまで「言葉で考え作品を構築していた」ことに気づき、2000年頃より「とうげいずかん」や「ものじてん」など言葉をモチーフとした具象物の小品を制作します。
それらの作品はユニークで懐かしい印象が人気となりました。言葉から掘り起こされた作品もまた、滝口氏の記憶=心象から生まれています。

    「無題」と「言葉」は対極にあるようでいて、2つは作家の根幹で繋がっています。陶芸という枠組みを越え、また作品の思想を形づくる言語を越えて、2つの異なる作品を制作したことは、対極から自身を見つめ直す新たな創造の機会となりました。
本展では、2種類の土を練り込んだ陶土を構築することで生まれるマーブル模様の「無題」を展示致します。これまでの滝口氏の絵付け装飾とは異なる、最新シリーズとなります。


takiguchi-1.JPG

takiguchi-2.JPG
takiguchi-3.jpg
takiguchi-4.jpg

2016年5月 ギャラリー3 会場風景

「滝口和男展−無題から−」に寄せて

    滝口和男の<無題>作品は、5ミリほどの厚みのある一枚の土の板から起される。張りのあるふっくらとした曲面、左右の鋭い突起、底部の三方に突き出た足の膨らみ、そして上部に作られた不定形な口、それらのすべてが、土からかたちを構築していく中で必然的に生まれたフォルムである。彼にとって、板起こしの技法とそれによって生まれるフォルムとは、じつは分離不可能な技術≠ニかたち≠ネのである。

    滝口は、土をやきものを作るための単なる素材ではなく、もっと深い意味での大地≠ニいう概念で捉えようとしている。大地である土を立ち上げることによって生まれるフォルム、そのフォルムの中に包み込まれるものは、もはやうつろな容器ではなく、内部を充たしている存在によって膨らんだ外形といってもいいだろう。

    30歳代の滝口は、こうした様々なフォルムをもつ抽象作品によって、1985年には日本陶芸展外務大臣賞、86年には中日国際陶芸展準大賞、89年には日本陶芸展秩父宮賜杯グランプリ、90年にはMOA美術館岡田茂吉賞展優秀賞、91年には五島記念文化賞美術新人賞および日本陶磁協会賞を受賞し、若手陶芸家のホープとして注目された。

    ところが、五島記念文化賞により留学した英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでの英語を中心とした生活体験の中で、いままで疑うこともなく自分が日本語でものを考え、作品を作ってきたことに気付いた。その「人間は言葉で考え作品を構築している」という再認識が、のちの言葉を起点とした独自の小作品の制作へと発展する。しかし、帰国した滝口がまず制作したのは、これまでの食器の概念に捉われない、言葉をもった色とりどりの器たちであった。言葉を起点とした小作品を本格的に制作するのは、99年の「とうげいずかん」、2000年の「ものじてん」からである。滝口は、技術によってではなく、言葉をモチーフにすることによって、従来のやきものの常識から解放された。その作品がどれも懐かしく愉しいのは、それが滝口の心象風景ともいうべき記憶(言葉)から生まれ、その作品を通して、また見る側の記憶(言葉)へと伝えられていくからである。

    この言葉を起点とした小作品の対極にあるのが、作品から言葉を排除することによって生まれた一連の<無題>作品である。この沈黙の淵から生まれた抽象造形は、自身の内面をフォルムによって表現したものであり、同時に滝口の心の肖像でもある。そして、言葉を起点とした小作品の背景には沈黙があり、その対極にある<無題>は沈黙の淵から生まれた作品であり、この2つは共に表裏一体の関係にある。滝口の<無題>は、無地の抽象造形から出発し、やがて器体の表面に小紋のような模様や様々な装飾を試みるが、今展の作品は、2種類の土を練り込んだ陶土からかたちを構築していく中で必然的に生まれたマーブル模様であり、内部に充満した空気圧によって破裂したような力強い口造りとなっている。このかたち≠ニ模様≠フ融合によって、滝口は新しい局面に至ったといってもいいだろう。


森 孝一(美術評論家・日本陶磁協会常任理事)


作家略歴
滝口和男
1953 京都五条坂に生まれる
1974 同志社大学経済学部中退
1978 京都市立芸術大学美術学部中退
1985 日本陶芸展 外務大臣賞
日本新工芸展 日本新工芸賞
1986 中日国際陶芸展 準大賞
京都府工芸美術作家協会展 京都府知事賞
個展(赤坂グリーンギャラリー/東京 ’88、’90、‘94)
1989 日本陶芸展 秩父宮賜杯グランプリ
個展(ギャラリー小柳/東京 ’94、‘01)
1990 MOA美術館岡田茂吉賞展 優秀賞
第1回 陶芸の現在−京都から展(島屋/東京、横浜、大阪、京都 ‘92)
1991 五島記念文化賞 美術新人賞
日本陶磁協会 協会賞
1992 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修了
個展(ノースヨークシャー・イギリス)
グループ展「Fruits of Fruits」(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート/ロンドン)
1993 「滝口和男ガラス展」(赤坂グリーンギャラリー/東京)
1994 個展(五島記念文化財団/東京、マスダスタジオ/東京)
1995 「記憶1995−滝口和男展」(小原流主催 雨香亭/小田原、比燕荘/京都、エスパスOHARA/東京)
1996 京都府文化賞 奨励賞
「滝口和男の陶筥」(MIKIMOTOホール/銀座・東京)
1997 「器展」(京王百貨店美術画廊/東京、寛土里/東京)
個展(メソジスト教会/ニューヨーク、Zetterquist Galleries/ニューヨーク)
1999 滋賀県大津市坂本に築窯
2000 「香盒による−ものじてん−滝口和男展」(寛土里/東京)
「因幡の白うさぎ物語展」(ギャラリー栄光舎/鳥取)
「宴の記憶展」(三越/日本橋・東京)
2003 「現代陶芸の華展」(茨城県陶芸美術館)
「Recovery of Use」清州国際工芸ビエンナーレ(チョンジュ・韓国)
2006 アジアン・セラミック・デルタ展(韓国、台湾、日本)
個展(Zetterquist Galleries/ニューヨーク)
2007 京畿世界陶磁ビエンナーレ(キョンギ・韓国)
2010 京都市白川に築窯
日韓交流美術展(釜山市立美術館/韓国)
日仏交流美術展(エスパス・ベルタン・ポワレ/パリ)
2012 個展(Hidden Space/ソウル、Gallery Nanoom/ソウル)
2013 京都府文化賞 功労賞
五島美術館庭園展(東京)
「陶・滝口和男博覧会」(和光ホール/銀座・東京)
2015 イギリス遊学
二人展「陵辱の森」(世沙弥/大阪)

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.