イベント情報

企画展『素掘りのトンネル マブ・二五穴』関連 ボタニカル・ワークショップ
「竹と花でトンネルを作ろう 〜アーティスト・ガーデンの試み〜」

【開催日時】2016年3月27日(日)13:00-16:00 (受付12:45〜) ※終了しています
【会場】「どろんこ広場」
当日のイベントの様子は⇒ミュージアム日記へ

講師: 大竹 誠(ガード下学会 所属)

『素掘りのトンネル マブ・二五穴』展では、多くの人の手によって掘られた日本各地の「素掘りのトンネル」をご紹介しています。
槌や石のみなどでコツコツ掘られたトンネルは、ほとんどが、人が通れるギリギリの大きさで掘られました。

この展覧会の関連ワークショップでは、自然素材でトンネル空間を自ら作る「セルフビルド」の体験を通して
自分たちの手で、一から空間を完成させるプロセスや、その面白さなどを体感いただく機会をつくります。

今回、みなさんと一緒に作るのは、竹や縄、いろとりどりの花などの自然素材を使った、”ボタニカル・トンネル”。
地面に穴を開け、竹をまげて差し込み、隙間に木の枝を入れ、それらを縄で結んでトンネルを自立させます。
その後、いろとりどりの春のお花を活けたり、そのほかにもいろいろなものを飾っていきます。

botanical tunnel (2).jpg
さて、どのようなトンネルができあがるでしょうか?


参加者の人数や身長で、大きさや長さ、形状が変わる、人間サイズのトンネル。
このトンネルは、参加者の皆さんが一からともに作り上げる、完成図を決めない”作品”となります。
春の光が差し込む「どろんこ広場」に、誰も見たことがない、”ボタニカル・トンネル”を作りましょう!
ご参加をおまちしています。

【開催日時】2016年3月27日(日)13:00-16:00
【受付】12:45〜
※ワークショップの初めに、企画展『素掘りのトンネル マブ・二五穴』展をご鑑賞いただきます。
【会場】「どろんこ広場」(「土・どろんこ館」前の広場です。)
【定員】大人15名/子供(小学生以上)15名(それぞれ定員になり次第締切)
【参加費】500円(税込)
【服装】汚れてもよい服装でお願いします。 【持ち物】手を洗ったりするので タオルをご持参ください。


★トンネルの材料はこちらで準備しますが、野の花やお好きな花、縄、布など飾りたいものの持ち込みは
大歓迎です!ご自由にご持参ください。

★完成したトンネルは、約1週間「どろんこ広場」で来館者に公開します。
4月2日(土)13:00からトンネルの解体作業を行います。参加できる方はお越しください。
竹、縄などの材料をお持ち帰りいただけます。


【講師】大竹誠(ガード下学会 所属)
武蔵野美術大学卒。現代都市をフィールドに、調査・研究を重ねる。
著書に『アーバンテクスチュア』『初めてデザインを学ぶ人のために------ある大学授業の試み』『漢字漫画』など。
責任編集の『まち歩きジャーナル』刊行中。

【お申込み方法】
※e-mailにてお申込みください。
「ボタニカル・ワークショップ参加希望」と明記のうえ、
@参加される方の氏名 A当日連絡がつく電話番号 B年齢


を記載いただき、申込みください。
【email】event.ilm@lixil.com(予約専用)
※お申し込みを受け付けた方には、「受付完了」の返信メールをお送りします。


【お問合せ先】
INAXライブミュージアム(LIXILグループ)
TEL:0569-34-8282


LIXIL文化活動Facebook: https://www.facebook.com/LIXIL.culture
ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.