イベント情報

企画展関連講演会
「バラの魅力とその文化史」 ※終了しています

【日時】2月13日(土) 3:30pm〜
【会場】「世界のタイル博物館」 セミナールーム
【定員】先着50名、聴講無料
*講演終了後、「世界のタイル博物館」エントランスホールにて交流会を開催します。

その香りや姿から、名誉を象徴する花として王侯貴族などの特権階級の人々に愛でられたバラ。バラが人類とかかわりを持つようになったのは紀元前といわれ、古代から多くの人びとを魅了してきました。
岐阜県立国際園芸アカデミー教授 上田善弘氏をお招きし、「バラ」について、その歴史や文化的背景をひも解きながら「バラ」の魅力についてお話しいただきます。

rose_4.jpg


講師紹介

上田善弘(うえだ・よしひろ)
大阪府立大学大学院農学研究科修士課程終了。千葉大学園芸学部助教授を経て現職。
長年にわたりバラの分類、遺伝育種に関する研究に取り組む。専門は花卉園芸学、植物育種学、園芸文化論など。著書に『バラ大百科』NHK出版、『園芸学』文永堂出版など多数。

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.