INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

一緒に土を楽しもう! ワークショップ ご案内とご報告

土の魅力を楽しみたい人 集まれ!!
いろんな仲間たちと、時や場所を共にしながら土に触れ、ここちよい汗を流しませんか。

常滑市内の身近な自然にふれてみよう!
『緑の地図』をつくりましたご報告

企画展『緑の常滑 考現学 私の小さな森づくり』の関連企画として、『緑の地図づくり』のワークショップを2009年8月29日(土)、富田啓介さん(地理学・生物学研究者)と岡 康正さん(グラフィックデザイナー)を講師に開催しました。



残暑の谷間、曇りがちの比較的過ごしやすい天気のなか、62歳から3歳までの参加者15名が3つのグループに分かれて、ライブミュージアムから大善院、市民俗資料館、常石神社を巡るコースを約2時間かけて歩き周りました。




「いざ出発!」と館を出たところで、今回のワークショップに合わせたかのように、川べりを這う大きなシマヘビに遭遇し、大盛り上がり。




散策しながら、「木・草・花」「鳥や昆虫などの動物」「建物や記念碑などの人工物」などを発見しては写真に収め、地図上にマーキングします。
分からないことは図鑑で調べたり、それぞれの得意分野で教え合ったりしていくうちに、初対面同士もすっかり仲良しになりました。











午後は、持ち帰った情報をグループで一枚の大きな「緑の地図」にまとめ上げました。
「本クズノ宝ノ山 見渡すかぎり広がっていました」(「A〜なも」チーム)
「煙突からみどりが生えていました!」(「チーム 寄り道」)
「枝にびっしりとカワラタケが!! 少し気持ち悪いかも。」(「愛・アイ」チーム)

alt
alt
alt

感想などコメント付きで、拾った木の実や蝉の抜け殻などを地図の余白に貼り付けたり、虫や草花をイラストや切り絵で描きこんだりと、思いおもいに趣向を凝らしていました。

alt
alt
alt

一時間半ほどかけてつくった地図を、皆に披露する時間がやってきました。
語りが得意な人が皆を代表して発表。
「ヘクソカズラ きれいだが臭い」など、ユニークなコピーで迫る「A〜なも」チーム。
自作の草笛を吹いて登場し、食べられる植物をたくさん見つけた「チームより道」。
「常滑の森たち たくさんの種類の木々や植物たちが同じ場所に見事に共生している・・・。ステキな空間に出会いました。」のメッセージを寄せた「愛・アイ」チーム。

alt
alt
alt

参加者全員の投票で最優秀に選ばれた「愛・アイ」チームには、「マップ大賞」が贈られました。
仲間と力を合わせてつくった地図と一緒に笑顔で記念撮影。
一日、お疲れ様でした!


「A〜なも」チーム。左端は講師の富田さん


「チーム 寄り道」。左端は講師の岡さん


「愛・アイ」チーム

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.