土・どろんこ館

常滑大壁

常滑大壁 受付横には、「常滑大壁」が美しい曲線を描きながら大空間に広がっています。カーブと角のめりはりのある弧は奥行を感じさせ、難易度の高い左官技術で形が仕上げられています。弧と弧の間の棒は、建築家フランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテルのすだれれんがに採用したのと同じ知多半島・内海の土を使っています。
常滑大壁

閉じる