INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

展覧会のご案内(1階 企画展示室)

土・泥・やきものと、人々の生活・文化に関する企画展を開催しています。

『炎を操る 刀・やきもの・ガラス −1050度、美の誕生』
Manipulating Fire Swords, Pottery, Glass
1050℃—the Awakening of Beauty


会期:2016年4月29日(祝・金)〜9月4日(日)
ニュースリリースは⇒こちら

燃料を加え、熱を囲い、空気を送る。気高き「繰り返し」
高火度を経た、力と美しさ


HP_honoo_chirashi_web0322-1.jpg

会 期 2016年4月29日(祝・金)〜9月4日(日)
会 場 メイン会場:「土・どろんこ館」企画展示室
※「窯のある広場・資料館」 では、保存展示している「石炭窯」の
見どころをご紹介します。
開館時間 10:00am 〜 5:00pm (入場は4:30pmまで)
休館日 第3水曜日
入 場 共通入館券が必要
関連ワークショップ 2016年9月3日(土)
「煉瓦でかまどを作る〜BBQコンロと煙突コンロ〜」 申込受付中

詳細は ⇒こちら


企画:INAXライブミュージアム企画委員会
展示デザイン:山岸 綾(CYCLE ARCHITECTS)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
s_04_たた吹き_木村羊一.jpg

たたら操業の「ヒ(けら)出し」(日刀保たたら) 撮影:木村羊一



熱と光を発しながら燃える、炎。
人類は自由に発火する方法を身につけ、その“熱”で物の性質を変え、新しいものを生み出してきました。
その一つ、「土器」は、焚き火の後、粘土質の土地が固く焼き締められている変化に着目し生まれたとも考えられ、蔵容器、煮炊きの道具となり、液体を運ぶことも可能にしました。
しかしその土器が、現在の生活に欠かせない、固く水が浸透しないやきものの器に進化するには数千年の時間が必要でした。それは、焼成する炎の温度が、土が熔け化学変化を起こす「1050度」以上に到達できなかったからです。木をくべる焚き火では700〜800度までしか上がらないため、人類は、炎のまわりに囲いを築いて熱をこもらせ、風を立て酸素を送り、温度を上げる方法を発見して技術として発展させていきました。
それらの工夫が数千年の時間を経て形となったのが、「窯」「煙道・煙突」そして「鞴(ふいご)」です。

窯焚き_登り窯_木村羊一.jpg

登窯の窯焚き 撮影:木村羊一

20160331_炎を操る_FINAL.jpg

鞴(ふいご)を使って刀や包丁の制作、
金銀銅鉛の鋳造が行われた。
(佐渡金銀山図(新潟県立歴史博物館蔵)


自然の原理と人の力によるこれらの技術により、炎は1200〜1400度という高温に達し、刀剣、陶磁器、ガラスが誕生しました。さらに高温の炎を操る術が進化し、それらは、用を満たすだけでなくより美しいものへと変貌していきます。

s09_ガラス_大川裕弘.jpg

「肥前びーどろ」 ジャッパン吹きの様子 撮影:大川裕弘


s10_展示品_ガラス_大川裕弘.jpg

肥前びーどろ「藍色ちろり」 撮影:大川裕弘


本展では、古来人間が身につけた、高い温度の炎を得るための2つの方法と、その装置を紹介し、炎を操る原理と工夫と仕組みを見ていただきます。
また、日本の工芸品を焼成温度の順に展示し、炎が古くから美と深く関わってきたことをご覧いただきます。
高温をくぐり抜けたものだけが持つ力と美をお楽しみください。


展示風景
_MG_5783.jpg _MG_5790.jpg

_MG_5811.jpg _MG_5830_1.jpg


「窯のある広場・資料館」 では、石炭窯のみどころをご紹介します。
_MG_5864_1.jpg _MG_5887.jpg



Fire emits heat and light when it burns. Human beings, having acquired the means to start fire, used its light to illuminate darkness, and its heat to alter physical substances and fabricate new things. One of these was earthen pottery, which, it is believed, arose when people took note of the hardened clay ground after a bonfire. Earthen pottery developed into vessels for storing and cooking, and implements for carrying water.
Still, several thousands of years would be needed before they evolved into the durable vessels impermeable to water we use today. This is because a combustion heat of 1050 degrees or more, at which clay melts and chemical changes occur, could not be attained in an open fire. Such a fire can only reach temperatures of 700 or 800 degrees. With time, people learned to construct an enclosure around the fire, contain its heat, and continually feed the fire oxygen in the form of a draft. Through several thousands of years, these devices achieved form in “kilns,” “chimneys,” and “bellows.”
Using simple natural principles and human strength, such contrivances raised the heat to high temperatures of 1200 to 1400 degrees, from which swords, hard ceramic vessels, and glass were born. As methods of manipulating high heat evolved, the ceramic vessels, swords, and glass transcended function to become objects of great beauty.
This exhibition will look at contrivances for “manipulating fire” to awaken strength and beauty—as only objects passed through high heat can possess.


【関連書籍のご案内】

炎を操る 刀・やきもの・ガラス−1050度、美の誕生

紙.jpg

2016年5月10日発売予定
本文64ページ、オールカラー。B5判、無線綴じ
価格:1,500円+(税)
発行:LIXIL出版
編集・制作:坂井編集企画事務所

【図版構成】
■温度別工芸美術館
■火を操る人 ―― 遠藤ケイ
■たたら製鉄―― 米原有二
■鞴(ふいご) 高温の立役者―― 永峰美佳
■刀―― 米原有二
■備長炭―― 広若剛
■やきものの窯
窯焚きで気をつけたこと―― 市野晃司
瀬戸の窯 ―― 岡本直久
窯焚きから読み解く、窯の仕組み―― 寺田康雄
■やきものの窯
石炭窯――宮地英敏
■吹きガラス

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.