INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

展覧会のご案内(1階 企画展示室)

土・泥・やきものと、人々の生活・文化に関する企画展を開催しています。

集落が育てる設計図‐アフリカ・インドネシアの住まい‐ 展
A House Design Fostered by the Village--Houses in Africa and Indonesia


会期:2013年4月27日(土)〜9月1日(日)
■ニュースリリースはこちら⇒

受け継がれてきた居住文化
40年のフィールドワークからみえる
アイデンティティの記録


会 期 2013年4月27日(土)〜9月1日(日)
会 場

「土・どろんこ館」企画展示室

開館時間 10:00am 〜 5:00pm
(入場は4:30pmまで)
休館日 第3水曜日
入 場 共通入館券が必要
夏休み・子ども向けワークショップ 『みんなで住みたい土の家』
★開催報告はこちら⇒をご覧ください。

企画:LIXILギャラリー企画委員会
展示デザイン:稲垣立男(株式会社I plus N)
協力:東京大学生産技術研究所藤井研究室+藤井明先生東京大学退職記念会

※本展は、2012年12月〜2013年4月にLIXILギャラリー(大阪・東京)で開催した企画展です。80cm厚の版築妻壁と土の塗り壁から成る「土・どろんこ館」企画展示室の空間でも展示したいと、今回特別に巡回を企画しました。なお、関係者等の表記はギャラリー開催当時のものです。



カメルーン・マンダラ山地に住むヒデ族の住居


インドネシア・スラウェシ島に住むサダン・トラジャ族の住居
※写真提供すべて:東京大学生産技術研究所藤井研究室


東京大学生産技術研究所の藤井明研究室(建築計画学)では、40年をかけて世界の伝統集落や住居の調査・研究を行なっています。
その範囲は地中海、中南米、東欧・中東、インド・ネパール、西アフリカ、東・東南アジア、南太平洋の地域に広がり、同研究室には現在までに47ヶ国、500以上の集落のデータが蓄積されています。
この広範囲にわたる調査からは、類似した風土の中でも民族や集落によって住まいの形に大きな違いが見られることがわかってきました。
風土による環境条件に加え、伝統集落に住む人々に共通した独自の価値観によって、それぞれの住まいが彼らのアイデンティティとして育まれています。

本展では、そのことを伝える最適例として、住居づくりの原点である「土」からなる西アフリカのサバンナと、「木」からなるインドネシアのスンダ諸島の住まいをご覧いただきます。


見どころ
@西アフリカのサバンナ/土の住まい
緑少なく乾燥したこの地域の住まいは、豊富に手に入る土を素材に、そこに住む人々が自らの手で作るために、素朴でぬくもりのある有機的なかたちをしています。
主人と複数の女性が一緒に暮らす一夫多妻制で、家族構成の変化に応じて棟や小屋を増やす複合住居「コンパウンド」が一般的なスタイルです。

展示風景
西アフリカの展示

Aインドネシアのスンダ諸島/木の住まい
緑豊かで湿潤なインドネシアは1300余りの島々からなり、約300もの部族が住む多民族国家で、島ごとに全く異なる様式の住居が造られています。
樹木に恵まれているため、素材は、木や竹、ヤシや茅が多く用いられます。
高床の3層構造が基本で、それぞれの層が地下界、地上界、天上界を象徴しています。
最大の特徴は、神や祖霊が宿る神聖な空間として「屋根」に個々の集落や部族の独創性が現れていることです。

展示風景
インドネシアの展示

【@・Aの主な展示】
衛星画像を用いた西アフリカとインドネシアの巨大地図
それぞれの地域の風土の違いが一目瞭然で、集落の立地条件がリアルに感じられます。
13点の住居模型
現地調査に参加したメンバーらによって制作されたアフリカの6部族とインドネシア7部族の計13部族の住居模型を解説付きで展示します。
それらにはすべて内部が見える工夫が施され、ミニチュアならではの楽しさも味わえます。
土の筒を基本形として内部が二層構造になっているアフリカ・タンベルマ族の住居(2004年世界遺産指定)もその内部構造をご覧いただけます。
インドネシアの模型からは、切妻屋根のアチェ族、船形屋根のサダン・トラジャ族など高床の組み方、屋根の構造がよく分かります。
図面資料・映像
集落調査後にスケッチされたアクソノメトリック図(立体図面)や平面図など貴重な図面資料が登場します。
直筆ならではの味わいのある線描写で、それぞれの詳細が明らかになります。
さらに、現地の調査映像もダイジェストでご覧いただき、現場の様子が伝わる臨場感溢れる空間をつくります。

展示風景
西アフリカの展示

B藤井明研究室の集落調査
藤井明研究室では、世界にみられるさまざまな伝統的集落や住居を対象とした調査を実施するにあたり、独自の方法を取り入れてきました。
できるだけ多くの集落調査をするため、一ヶ所における観察時間はわずか数時間。各人が分散して集落内を巡り住民から住居の規模や歴史などを聞き取りながら、実測、撮影記録を行います。
研究者ならではの目線で捉えられた建築計画学的手法による集落調査は、無駄がなく合理的に要素を見出し分析します。
様々な住居から得た体感も研究者たちの貴重なデータとなっています。

展示風景
インドネシアの展示

【主な展示】
各自が記録してきたフィールドノートや、集落調査の様子がわかる写真など選りすぐりの資料を披露します。
また、これまでの集落調査の全リストを世界地図と照らしあわせてご覧頂きます。

展示にあたり、東京大学生産技術研究所藤井研究室をはじめ関係の皆様には多大なるご協力を賜りました。この場をかりて厚くお礼申し上げます。


展示品リスト⇒(※LIXILギャラリーの企画展紹介ページに飛びます)


【関連書籍のご案内】

『集落が育てる設計図‐アフリカ・インドネシアの住まい‐』


2012年12月刊行
本文94ページ
定価:1890円(税込)  LIXIL出版

冊子表紙

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.