INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

INAXライブミュージアム 土・どろんこ館

展覧会のご案内(1階 企画展示室)

土・泥・やきものと、人々の生活・文化に関する企画展を開催しています。

泡と湯気―愉楽の発見
The Delights of Steam and Foam


会期:2010年1月16日(土)〜6月15日(火)

■ニュースリリースはこちら⇒

はかなく美しい、その魔力

wright2.jpg
wright4.jpg
wright2.jpg

  

awa.jpg

時間

10:00am 〜 5:00pm(入場は4:30pmまで)

休館日

第3水曜日


企 画     INAXライブミュージアム企画委員会
制 作     株式会社INAX
展示デザイン 西本剛己(ARTLAB+)

*西本 剛己(にしもと たけみ) 略歴*
美術家/デザイナー、ARTLAB+(アートラボプラス)代表
明星大学造形芸術学部准教授
2005年「愛・地球博」瀬戸日本館代表作家



【関連イベントのご案内】
泡を食べる、泡を飲む ―「美味しい泡」の秘密、その味わい

泡そのものの味わいはもちろんのこと、味に与える影響など泡の持つ幅広い効果・効用を探求いただきます。

コーヒーの泡

豆の鮮度、挽った時の状態や注ぐお湯の温度などで異なる豆の泡立ち、泡の役割について語っていただき、抽出されたコーヒーの味の違いを飲み比べていただきます。

抹茶の泡

日本では鎌倉時代から賞味されてきた抹茶の泡について語っていただき、茶せんさばきで点てられた泡を愛で、味わっていただきます。

料理とデザートの泡

3種の泡を使った料理やデザートの、味や香り、食感の違いを味わっていただきます。

ビールの泡

「ザ・プレミアム・モルツ」の大ヒットによって業界シェアを塗り替えた、サントリーこだわりの泡について語っていただきながら、そのクリーミーな泡を味わいます。


※各イベントは1.5時間前後。要予約。定員になり次第、締切ります。
※「土・どろんこ館」受付カウンターにて参加費のお支払いをお済ませください。参加費にて本展『泡と湯気』をご覧いただけますが、その他の展示施設見学には共通入館券が必要です。
※「ビールの泡」のイベントでは、お車を運転の方は試飲いただけません。
※詳細はお問い合わせください。TEL.0569-34-8282


イベント名

日にち

開始
時間

定員

参加費

講師

コーヒーの泡

2月6日
(土)

2:00pm

20名
(小学生以上)

500円

牧 義兼
(「珈琲専門店 寄鷺館」マスター)

抹茶の泡

3月14日
(日)

2:00pm

30名
(小学生以上)

500円

岡田康子
(表千家教授)

料理とデザートの泡

4月3日
(土)

2:00pm

20名
(小学生以上)

800円

伊藤 憲
(「Restaurant Francais gri-gri」オーナー シェフ)

ビールの泡

5月22日
(土)

3:00pm

50名
(20歳以上)

500円

角戸洋一
(サントリー酒類株式会社 ビール事業部商品開発研究部 スペシャリスト)



はかなく美しい、泡と湯気。私たちは歳を重ねながら、何気なく存在するその心地よさを知ります。
液体が空気を包むことで生まれる泡。カプチーノや抹茶、ビールのきめ細かくクリーミーな口あたり。生クリームをあわ立ててつくるムースの食感。立ち昇る泡が舌を刺激するシャンパン……。

展示風景

ムース状の石けんや整髪料が人気商品となり、さらには気泡をプラスチックや繊維に閉じこめてできた、緩衝材やクッション、保温機能の高い衣類は、身の周りで当たり前の存在になりました。

展示風景

加熱により気泡が蒸発してゆく、湯気。温泉や土鍋、蒸籠から立ち上がる湯気を見ただけで、冬の寒さが和らぎ、旅情や食欲を呼び起こします。また、加湿器も生活に欠かせない道具になりつつあります。

展示風景

「心地よい」「温かい」……「ゆったり」「うっとり」感が、泡と湯気の魅力です。
空気のような当たり前の存在として、気に留めることの少ない「泡と湯気」。この魅力を再発見し、不思議な底力を探ります。

alt展示風景
alt展示風景

【関連書籍のご案内】

新刊 INAXミュージアムブック
泡と湯気―愉楽の発見』


冊子表紙

泡と湯気のさまざまな一人者が登場し、美しい写真とともに思いおもいに語りながらこの魅力を再発見し、不思議な底力を探ります。

図版構成】発売中
本文64ページ、オールカラー、価格:1,500円+(税)

*ゆったり、うっとり
・・・ソース、シェービングクリーム、シャンパーニュ地方
*描かれた泡
・・・北斎の水へのまなざし 《樋口一貴》
・・・フランス編
*美味誕生―湯気が秘けつ
*湯けむり、ミスト、水の七変化 《阿岸祐幸》
*泡味探求
・・・抹茶 《寺田雅子》
・・・スフレ、ビール、カクテル、コーヒー
*泡と湯気の科学 《柘植秀樹》
*コラム
・・・ムクロジ
・・・日常を囲む“泡”

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.