ブックフェア情報

東京・LIXILギャラリー1での展覧会開催会期中に、 企画展関連書を集めたブックフェアを行っております。 「品切れ」以外の書籍はフェア期間中に限り、ブックギャラリー 店頭でお求めいただけます (地方発送は致しかねます)

癒し〜聞く、聴く、効く〜 2016年10月1日(土)〜11月29日(火)※終了しています

「癒し〜聞く、聴く、効く〜」

必要なのは、ほっとするひととき

オリジナルブックフェア

ブックフェア情報
癒やし.jpg
 私達は、疲れています。時の流れは速く、刺激も、ストレスも多い世の中。
 必要なのは、体の力を抜いて、五感を緩めて、ほっとするひとときではないでしょうか?
あなたを癒すのは、音楽ですか、香ですか?それとも、誰かがふと漏らした言葉でしょうか?


疲れすぎて眠れぬ夜のために/内田樹/KADOKAWA
 なぜこんなにも、私たちは夜も眠れぬほど疲れているのでしょうね。仕事に疲れ、家族に疲れ、世の中に疲れ・・・。その原因を内田樹がひとつひとつ紐解いて解説してくれます。何となく感じてはいても言葉にならない、そんな出来事を的確に言語化してもらえるので、そうそう、そうなのよ、と溜飲が下がるのです。
 私たちは、社会から示され要求されるモデルタイプに向かって頑張らされすぎているのかもしれません。そんな時は、著者の言うとおり、心耳を澄ませて身体の声を聴いてみましょう。


フロム100の言葉/鈴木晶監修/宝島社
 「愛するということ」や「自由からの逃走」の著者、エーリッヒ・フロムの言葉を100フレーズ取り出して解りやすく解説してくれる本です。
 資本主義が高度に発達した大量生産、大量消費の社会にあって、私達は人と人との繋がりを失い孤独を深めています。この孤独を癒す唯一の方法が愛であると、フロムはいいます。それでは愛とは一体どのようなものでしょう。誰もが簡単に浸れるような感情ではなく、成熟した大人だけが経験できる愛。本書を読み終えたら、是非「愛するということ」へ読み進んでください。


人は皮膚から癒される/山口創著/草思社
 メールやSNSが発達し、ネットワークには繋がりやすくなり、連絡回数自体は多い現代ですが、無機質なやりとりは増えているものの、翻って直接の人との対話や触れ合いは避ける傾向にあるのではないでしょうか。
 人間関係のストレスは大きいものですが、そのストレスを癒してくれるのも人と人との関係しかありません。皮膚の持つパワー、直接の触れ合いやスキンシップの大切さを、様々な例やデータを挙げながら説いてくれます。

 80冊程の書籍をセレクトしています。
 順次ご紹介して参りますので、どうぞお楽しみに。

ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.