ブックフェア情報

東京・LIXILギャラリー1での展覧会開催会期中に、 企画展関連書を集めたブックフェアを行っております。 「品切れ」以外の書籍はフェア期間中に限り、ブックギャラリー 店頭でお求めいただけます (地方発送は致しかねます)

「カラダに聞く」 2013年年5月1日(水)〜6月29日(土) ※終了しています

「カラダに聞く」

フワリとこころもからだも軽くなれ

オリジナルブックフェア

ブックフェア情報
2013_05original.jpg
病気ではないけれど、心や身体が疲れているときに開きたくなるような本を集めてみました。アロマテラピー・ツボ押し・食事療法など簡単に出来るセルフケアの手ほどきや、昔から薬の代用にされていた草花にまつわるお話など、すぐにでも試したくなる内容の本がたくさんございます。自分にピッタリと思う本を見つけて、心と身体を癒してみてはいかがでしょうか。


たとえばこんな本・・・

『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』西多昌規 著 /大和書房
あれ、これも当てはまる、これも・・・となってしまう一冊です。休みを上手に過ごす方法が指南されています。疲れをためない日々をむかえてみたいです。


『自分にやさしくする整体』片山洋次郎著/筑摩書房
図解入りで、ちょっと一休みのときにすぐに実践できる本です。心と身体は繋がっていることが良くわかります。


『典座教訓 赴粥飯法』道元 著/講談社
禅の修行道場の重要な役職のひとつ、食をつかさどる【典座】の職責と、そこで調理された食事を頂く心得【赴粥飯法】が記された一冊。健やかな身体をつくるには、正しい生活をすごすのが一番の早道なのかもしれません。


『修道院の薬草箱』ヨハネス・G・マイヤー 他 著/フレグランスジャーナル社
昔、祈りの場であると同時に治療の場でもあった修道院。そこで培われた治療学は現在の薬学でも認められているそうです。何世紀も前に、ミントやラベンダーなどから効能をみいだした修道士たちに心服してしまいます。


他、順次展開いたします。



ページの先頭へ

LIXIL Link to Good Living

Copyright © LIXIL Corporation. All rights reserved.